花粉症治療

花粉症の治療について

当院の花粉症治療は、局所の症状をとる対症療法だけでなく、抗体による免疫反応にかかわる自律神経の機能を調整、改善をも加えたまったく新しい治療法です。

花粉症 局所治療
花粉用冷却シート通電をすることにより、知覚神経を刺激しアドレナリン分泌を促進。鼻周辺の血流を改善させます。

●クシャミ・鼻水
抗原、抗体反応により肥満細胞から刺激物質であるヒスタミンが分泌され、これが知覚神経(三叉神経)を刺激しておこります。

● 鼻づまり
花粉症 自律神経節の調整と改善
星状神経節と腹腔神経叢を超短波という機械で刺激することにより頭部の血流亢進と内臓温度を上昇させ、自律神経の緊張を抑制します。

●内臓温度が1℃低下すると免疫機能が30%低下します。
●自律神経の緊張が抑制されると過労やストレスに強くなり、IgE抗体の産生を抑制します。

治療の時期は、花粉の飛び始める2月始め頃より行うのが効果的です。
1回45分程度の治療になります。
治療回数は、個人差がありますが、おおよそ10~15回 程度です。

花粉症の治療費について

1回 45分 1,500円

PAGE TOP